検査・監督に関する

そのとおりロイズの内容⇒ロンドンのシティ(金融街)の全世界的に名の知られた保険市場です。イギリスの法の定めにより法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)およびそのシンジケートが会員の保険組合を指す場合もある。
15年近く昔の西暦1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)の所掌する業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを区分して、総理府(当時)の新しい外局として金融監督庁というこれまでになかった組織をつくりあげたのです。
この言葉、「銀行の運営というものは銀行自身に信用があって勝者になるか、融資するほど価値がない銀行だと見込まれたことでうまくいかなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
普通、株式市場に自社株を公開している上場企業においては、事業活動の上で必要になることから、株式と社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の一番の大きな違いといえば、返済義務の規定なので気をつけたい。
ムーディーズなどの信用格付機関による格付けの長所は、難解な財務資料が読めなくても格付けによって、知りたい金融機関の経営状態が判断できる点にあるのだ。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能ということ。
外貨商品。外貨預金のメリットデメリット。銀行が取り扱う商品の一つのことで、外国の通貨によって預金する商品の事である。為替の変動によって発生する利益を得る可能性があるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の定めに従い、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生命保険会社あるいは損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、これらの会社はいずれも内閣総理大臣による免許を受けている会社でないと行えないとされているのだ。
簡単?!デリバティブ⇒今まであった金融取引、実物商品、債権取引の相場が変動したことによるリスクを退けるために生まれた金融商品でして、とくに金融派生商品と呼んで区別することもある。
覚えておこう、ペイオフっていうのは、予測できなかった金融機関の経営破綻による業務停止の状態の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護する預金者(法人・団体も含む)の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
これからは安定的で、かつパワーにあふれた金融市場や取引のシステムを構築するためには、どうしても銀行など民間金融機関及び行政がお互いの解決するべき課題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければならないと言える。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、旧大蔵省から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管したうえで平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に改編。そして2001年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
麻生内閣が発足した2008年9月に大事件。アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したことはご存じだろう。これが発端となってその後の歴史的な世界的金融危機の原因になったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけられたのです。
巷で言われる「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁が判定するものです。大方のケースでは、軽微な違反がわんさとあり、その効果で、「重大な違反」判定するものなのです。
よく聞くコトバ、金融機関の(信用)格付けは、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関、さらには社債などを発行する会社に係る、支払能力などの信用力をアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価するのだ。
平成10年12月に、総理府(当時)の外局として大臣をその委員長と定める新しい組織、金融再生委員会が設置され、民間金融機関等の検査・監督を所管する金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に2年余り整理されたことになる。