資金運用商品

Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から金融制度の企画立案に関する事務も移管し約2年前に生まれた金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁に改組した。翌年の平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、金融庁内閣府直属の外局となった。
確認しておきたい。外貨預金とは?⇒銀行で扱うことができる資金運用商品のこと。外貨で預金する商品です。為替変動によって発生する利益を得る可能性が高い反面、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
つまりペイオフってどういうこと?予測不可能な金融機関の経営破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事です。
よく聞くコトバ、外貨MMF⇒例外的に日本国内でも売買してもよいとされている外貨建て商品の名称である。同じ外貨でも預金と比較して利回りがずいぶん高く、為替の変動による利益は非課税というメリットがある。証券会社で購入する。
一般的にバブル経済(economic bubble)とは何か?時価資産(例:不動産や株式など)が度を過ぎた投機により経済成長(実際の)を超過してもべらぼうな高騰を続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指すのである。
【解説】FX:簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFと比較して利回りが良く、さらに為替コストも安いのがポイント。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で購入できる。
バンク(銀行)について⇒机やベンチを意味するbancoというイタリア語が起源で、ヨーロッパで最も歴史のある銀行は?⇒西暦1400年頃(日本は室町時代)に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
【用語】金融機関のランク付けっていうのは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関だけではなく金融商品または企業・政府に関する、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づき評価するものである。
保険⇒予想外の事故のせいで生じた財産上の損失を最小限にするために、賛同する多数の者が一定の保険料を出し合い、準備した資金によって不幸にも事故が発生した者に補てんのための保険金を給付する仕組みである。
覚えておこう、スウィーブサービスの内容⇒開設している銀行預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座の口座間で、株式等の購入代金、売却で得た利益が両口座で自動的に振替えられる画期的なサービス。同一金融グループによる顧客の囲い込み戦略です。
格付け(評価)の魅力は、膨大な財務資料の内容が理解できなくても評価された金融機関の財務状況が判別できるところにあります。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することもできるのだ。
普通、株式を公開している上場企業の場合、事業活動のためには資金調達が必要なので、株式の上場のほかに社債も発行するのが一般的。株式と社債の一番大きな違いは、返済する義務があるかないかであるから注意が必要。
そのとおり「重大な違反」なのか違うのかは、金融庁が判断をすること。大部分の場合、つまらない違反がひどくあり、それによる影響で、「重大な違反」評価をされてしまうことが多い。
預金保険機構アメリカ合衆国連邦預金保険公社FDIC)をモデルに設立された認可法人)が一定額までの預金保護のために支払うペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1である。なのです。同機構に対しては日本政府そして日本銀行、加えて民間金融機関全体が3分の1程度ずつ
ゆうちょ銀行(JPバンク)が取り扱うサービスは一部を除いて郵便貯金法(2007年廃止)によって定められた「郵便貯金」の定義は適用せず、民営化後は銀行法の規定による「預貯金」が適用されるサービスなのだ。